下那伊三平のジュブナイルポルノな日記。

RSS と 記事ヘッドライン i-know add I know. に追加 hatena antena add はてなアンテナに追加

ごきげんよう ある日顔にふってきた 男好きな 女子大生 さん。

トップ «前の日記(2006-07-10) 最新 編集

▼△以下日記本文です。▼△


2006-10-16

_ [雑感][Web] 男性向ポルノは囲われるが、女性向けポルノは(含むボーイズラブ)はなぜ囲われないか

 一部で話題?になった話があります。 【ファンキー通信】ボーイズラブ作品は何で囲われてないの?

 書いている人は何かと話題のある方らしく、私も問題定義するつもりならもうちょっと書き方があるだろとか思いますが、要点をまとめると。

 最近東京都青少年健全育成条例によって、条例によって指定された図書が、書店で囲われたエリアで扱われるようになっている。その基準というのが「全裸または半裸で、性的なもの」が一ページでもあるもの、というものだが、そのような基準のなかで、なぜボーイズラブだけ囲われないのか。 話を聞いたところによると「今後指定される可能性がある」という答えが返ってきた。

 というようなことだそうな。が、個人的にはこの「なぜ囲われないのか」といったことについて、ちょっと別に考えるところがあって書いてみる。

 今までも何回か書いてきたような気がするが「男性向けは「ご禁制の品」にして成人向けとするほうが売れる」ことに対して女性向けは「囲ったら全く売れなくなる」といったことがあるんじゃなかろかと思うのであります。

 男性の場合、ある程度経験を積んでくると、あんまり成人向けを買うことについて抵抗感が少なくなってくると言うことがある……と思います。なので、一定以上の年齢層をターゲットとする場合はそれほど成人指定である、そうではないということに頓着する必要はない、むしろ、内容を端的に表すものとして成人向けの表示をしておいた方が、表紙をナチュラルにしても、確実にわかってもらえて目的の層に販売できるといったことがあるのだと思います。

 逆に、女性向けの場合は、一般の少女向け小説とあまり変わらない体裁をとっている……というこれには、少なくとも「よく知らない人間には区別がつかないというべきかもしれないが……でありあまりかわらないほうが、売れるという事情があるからではなかろうか。  また、審査をする委員たちは、言っては悪いがそのあたりの事情……つまり今のポルノの現状や各社の戦略など……をご存じであるとはおもえないのであります。もっというと、おそらく表面的な部分だけをみてさまざまな部分の当事者などにちゃんとヒアリングしているかすらあやしいと思います。なので「えっちなやつ」といえば男性向けとしか思いつかないのではないでしょうか。

 そして、本題。ジュブナイルポルノである。

 ジュブナイルポルノの各社は、どちらかというと最近は、今までにない……有り体に言うと販売の対象年齢をあからさまに下げ始めている感というか、今までポルノなものを手に取ったことがない人に対してアピールしようとしていて、たとえば……わかる方はわかってください的だが……ひんでんぶるぐ氏のコミックスが非成人向けで売っていたりするのである。

 また、ジュブナイルポルノは最近帯や宣伝文句に「ライトノベル」や「ライトノベルズ」(ライトノベルはもうすでに表す言葉なので、ウォークマンを複数形にしないのと同じように複数形にするのはそもそも間違いだけど……だいたいノベルズというと意味が変わることがあるし……閑話休題)などと歌うようになったり、イラストレータにライトノベルで活躍している方を……名前を変えている方もいるが……出してきたりしている。

 自分が思うに、これはどちらも危険な兆候ではないかと思う。 今まで官能小説が亜種であり、ポルノとして不当とも思える批判にさらされずに来たのは、それが今まで「大人のエンターテイメント」というか「ブンガク」の亜種であったからだと思う。

 しかし考えてみてほしい。先ほども言ったが、委員の方々は一部の過激な性的描写を含むボーイズラブなど女性向けポルノには非常に無知であると思われる行動をとっている感があるのだが、そんなかの人々が女性向けポルノに対して規制の手を伸ばしてきたとき、そのとき、ジュブナイルポルノは無事でいられるのか? というものがある。  言論というか表現の自由の方面にくる特徴として、規制する側に「好きだ」という人がいないというのがあると思う。ということは当然詳しくはないわけだし、理解もしていないので必ず、ほぼ例外なく的外れな規制が行われてしまう。こうなったら悲劇しかうまない。

 個人的にはこういうものはゾーニングされるべきで、ゾーニングされた方がたくさんまとまって販売されるほうが幸せというか、探しやすいしいいんじゃなかろーかーと思うのだが……女性向けのほうも女性向けのコーナーの一部を囲ってしまえばよろしいと思うのでありますよ。 誤解しないでいただきたいのは、ボーイズラブはすべて排斥せよといっているのではなく、女性向けであろうとポルノはゾーニングすべきだと思うのでありますよ。そのほうがお互いのためだというか……。

 しかし現実論として書店側もゾーニングするにはなかなかコストがかかるという問題が出てくるので、実はそう簡単にはいかないわけで、ほとんどこういう風な話は机上の空論にしかならないのだけれど……。まぁともかく。そして、こういうことがいえるのも、自分がどーどーと(少なくとも法規上は)ポルノが買える年齢だからいえるわけですが……。

 もっというと……どーせ野郎にとっては少女漫画コーナーというのは果てしなき聖域的なところがあるので、すでにゾーニングできているともいえなくもないのではなかったりとかいろいろ。

 えっちなものコーナーで知り合いのヤローにあうよりも、少女漫画のコーナーで……もちろんなんのやましいところもないのですが……そのこーなーで必死になって短時間で誰にもみられないように高速スキャンを走らせている姿を、ふつーの女の子に見られたときの衝撃のほうが非常に高いわけで、それはなんというか別に何があるというわけではないのだが、それが十分に現れているのが、ポルノを専門に扱う書店に存在するコバルト文庫や花とゆめみたいなそういう……。

……

…………

………………

 これ以上言うと墓穴を掘った上に埋められかねないのでこのへんで。

[]

▼△以上日記本文です。▼△